材料科学専攻

概要

現在の最先端技術の飛躍のためばかりではなく、資源の有効利用及び地球環境規模での環境保全など、我国の将来を左右するであろう新技術の展開のためには、機械工学・電気工学などのニーズの側からの新技術の設計・作成・利用技術及び化学系を中心とするシーズの側からの新材料の設計・合成など、材料の全般的な物性と反応を扱う総合的な研究開発が不可欠です。従来、大学における材料研究は、各分野の学科ごとに行われる例が多かったが、近年、様々な分野において多様な高い機能を有する材料の要求度がますます高くなり、それに応えるためには、材料に関連する各専門分野の有機的研究協力が必須の条件と成りつつあります。  このような観点から、本専攻は主要教育研究分野として、力学物性/材料機能設計/機能加工/電子物性/電子材料/電子デバイス/を含む「材料物性講座」及び有機精密化学/機能変換科学/機能システム計測/生体機能科学/機能高分子化学/先端素材科学を含む「材料科学講座」の2大講座から編成されています。この編成によって研究面では、ニーズ側分野とシーズ側分野の有機的な協力により、量子・電子論をベースとした材料の基礎物性に根ざした応用技術及び応用面に立脚した所望物性を持つ素材の合成という合目的研究と視野の広い学際的領域の高度な学修ができます。