グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

 三重大学大学院工学研究科では,「専攻別セミナー」と題しまして,10月5日より全5回にわたり,三重大学大学院工学研究科の研究紹介を致します。
 この企画では,とかく全体像が見えない大学の活動について,地域の皆様に少しでも理解を深めていただきたく,「研究成果の還元による地域共創を考える」の主旨に則り,各専攻の研究室の活動を各教員より紹介させて頂きます。これを機会に,三重大学での教育・研究活動を知って頂き,今後の交流の場をいただければ幸いに存じます。
 今年は,新型コロナウィルス感染対策のため、昨年に引き続き、オンラインでの参加も可能と致しました。そのため,インターネットとテレビ会議のできるパソコンがあれば,どこからでもご視聴できるだけでなく,教員との交流をすることができます。従いまして,より多くの方が参加できるようシステムを構築して皆様のお申し込みをお待ちしております。
 そして,地域の産官学の連携によって創出された新しい材料,技術が,地域のさらなる発展,活性化に資することを願い,今回の私どもの活動が微力ながらお役に立てますよう願っております。

三重大学大学院工学研究科
工学研究科長 池浦 良淳

「専攻別セミナー」のチラシ

【お知らせ】 
 工学研究科教員との共同研究等を希望される方は、こちらの科学技術相談申込書をダウンロードし、具体的な相談事項等をご記入の上、e-mail もしくは FAXにてお申込みください



機械工学編

セミナープログラム

電気電子工学編

電気電子工学とは,電気のエネルギーとしての利用と,情報の伝達手段としての利用を考える学問です。具体的には,効率的なエネルギーの発生・輸送・変換,高度な通信・情報処理,それらを支える半導体・超伝導体などの素子材料と多岐にわたります。あらゆる知的活動の基盤となる学問なのです。

分子素材工学編

分子素材工学は,化学の観点から科学技術を展開する学問。具体的には,社会生活をより豊かにする新しい機能を持った物質や素材の開発です。これらの新物質や新素材は,新たな機能を持ったシステムを構築することにつながります。たとえば,エネルギー問題においては,新たな化学エネルギー変換技術や省エネルギー技術の開発が要請されています。地球環境問題に関しても,化学的観点からの技術・計測法の開発を試みています。さらに,新たな化学合成法や生物工学技術を駆使することで,医療分野などへの貢献も期待されています。

情報工学編

現在、自動車、家電、ロボット、インフラ設備などあらゆるモノがインターネットにつながるIoTをベースとした社会に移行しつつあり、情報の重要性は増すばかりです。情報工学はこの情報を工学的に扱う技術やシステムについて研究する学問です。本コースでは、コンピュータ、情報ネットワーク、知能システム、人間情報など情報を中心にIoTにかかわる技術分野について、基礎から応用まで高度で多面的な技術力を習得できます。また、このような技術に関連する先端的、魅力的な研究を進めています。

建築学編

建築学とは,建築物の設計や歴史などについて研究する学問。工学部の中にあって,芸術的な感覚も要求されるのが特徴といえます。今日では生活・文化の向上に伴い,それにふさわしい建築物が求められると同時に,自然災害に対して人命や財産を守るための高度な技術が必要となっており,より総合的な見地が求められています。

 


 

【参加申込み】より,申込みフォームにてお申し込み下さい、参加料無料

【視聴環境】
 本サービスを視聴いただくために必ず、ZOOM のウェブサイトで視聴可能であることをご確認の上ご受講ください。
 詳細は以下 ZOOM のウェブサイトをご覧ください。
 ・ZOOM ウェブサイト URL:https://zoom.us/

【お問い合わせ先】
 三重大学工学研究科チーム
 E-mail: eng-somu@eng.mie-u.ac.jp
 Tel:059-231-9466

 
 オンライン研究活動紹介の視聴環境、参加方法、免責事項及びご利用条件,個人情報の保護について →  こちら

 セミナー中の通信障害への対応について →  こちら